消費税 簡易課税 みなし仕入率について <税務の窓>

消費税、簡易課税、みなし仕入率について

 

簡易課税の「みなし仕入率」は事業の種類に応じて定められており、複数の事業を営んでいる事業者は、事業の内容に応じて課税売上高を区分し、それぞれの仕入率を適用して消費税額を求めるのが原則的な方法である。

(美容業の場合、技術売上は第五種事業(50%)、店販売上は第二種事業(80%)に該当する。)

 

しかし、2種類以上の事業を営む場合に、そのうちの1つの事業、または2種類の事業の課税売上高が全体の課税売上高の75%以上を占めるときは以下のような計算の特例が認められる。

 

  • 75%以上の課税売上高がある事業区分はその仕入率を全額に適用できる。

例 第一種事業(みなし仕入率90%) = 80%

  第二種事業(みなし仕入率80%) = 20%

 

 この場合すべての課税売上高に対して、第一種事業のみなし仕入率の90%を適用できる。

 

  • 3種類以上の事業を営み、うち2つの事業区分で75%以上ある場合は、低い方の仕入率を残りへ適用できる。

例 第一種事業(みなし仕入率90%) = 60%

  第二種事業(みなし仕入率80%) = 25%

  第五種事業(みなし仕入率50%) = 15%

 

 この場合 第一種と第二種の合計が75%以上となるため、第一種事業分のみなし仕入率は90%、第二種・第五種事業分については75%以上となる事業のうちの低い方のみなし仕入率80%を適用できる。

 

※特例の適用が強制されるものではないため、適用すると不利になるような場合は、原則

通りの計算方法を採用することも可能である。

 

参考:あさ出版〈新版〉らくらく小さな会社と個人事業の消費税がわかる本p148-154

簡易課税の「みなし仕入率」は事業の種類に応じて定められており、

複数の事業を営んでいる事業者は、事業の内容に応じて課税売上高を区分し、

それぞれの仕入率を適用して消費税額を求めるのが原則的な方法である。

(美容業の場合、技術売上は第五種事業(50%)、店販売上は第二種事業(80%)に該当する。)

 

しかし、2種類以上の事業を営む場合に、そのうちの1つの事業、または2種類の事業の

課税売上高が全体の課税売上高の75%以上を占めるときは以下のような計算の特例が認められる。

 

  • 75%以上の課税売上高がある事業区分はその仕入率を全額に適用できる。

例 第一種事業(みなし仕入率90%) = 80%

  第二種事業(みなし仕入率80%) = 20%

 

この場合すべての課税売上高に対して、第一種事業のみなし仕入率の90%を適用できる。

 

  • 3種類以上の事業を営み、うち2つの事業区分で75%以上ある場合は、低い方の仕入率を残りへ適用できる。

例 第一種事業(みなし仕入率90%) = 60%

  第二種事業(みなし仕入率80%) = 25%

  第五種事業(みなし仕入率50%) = 15%

 

この場合 第一種と第二種の合計が75%以上となるため、第一種事業分のみなし仕入率は90%、第二種・第五種事業分については75%以上となる事業のうちの低い方のみなし仕入率80%を適用できる。

 

※特例の適用が強制されるものではないため、適用すると不利になるような場合は、原則

通りの計算方法を採用することも可能である。

 

参考:あさ出版〈新版〉らくらく小さな会社と個人事業の消費税がわかる本p148-154

ページの先頭へ